照明の節電ー2


2011年3月11日に起こった東日本大震災に起因する電力不足が深刻です。
私たちも、家庭で出来る節電に取り組まなければなりません。
このページを使って、色々な節電対策を紹介してゆきます。
今回も照明の節電です。
LED照明について見て行きましょう。
照明に対する節電で一番効果があるのは、LED照明でしょう。
LED照明は従来の照明に比べて、節電に大変すぐれています。
LED照明には、LED電球型、LED蛍光灯型、LEDシーリングライト型、電球型蛍光灯の種類が
あります。
中でも、LED電球型は球の交換だけですむので、器具の交換や、器具の取付工事が不要です。
LED電球を、従来の電球に置き換えるだけで、消費電力を下げ、従来の明るさの照明を実現
できます。
また、LED電球といえば長寿命であり約20000時間使えます。
以上の点からLED電球は、つけっぱなしにしている防犯用、門灯、また点滅の頻度が高い
トイレや玄関などに使用すると、電気代もかからず、節電効果が高いです。




posted by 夏を乗り切る節電方法 at | 節電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


<経済動向 !-- ///// アクセス解析挿入場所 /////
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。