ヤマダ電機の発電事業


 太陽光発電で、売電のシステムを前回にお知らせしましたが今回、ヤマダ電機が
行っている発電事業を紹介しましょう。

タイトル 「最小限の投資で発電事業参入を」
 太陽光発電に事業として取り組む手法の1つとして、ヤマダ電機はメンテナンス付き
リースやプロジェクトファイナンスを応用した提案を行っている。
初期投資額を最小限としつつ、ヤマダのノウハウで発電事業を展開可能だ。

 スキーム案(1)は、「メンテナンス付きリース型」だ。
遊休地のオーナーなどが、自ら発電事業者となり、ヤマダ電機の提携金融機関と
リース契約を結ぶもの。
システムの設計・施工や運営、メンテナンスなどはすべてヤマダ電機グループが
代行し、オーナー企業は売電収入からリース料を賄うというスキームである。

 スキーム案(2)は、「共同事業型」だ。
これはヤマダ電機が遊休地のオーナーを募ると共に、同地で太陽光発電事業を運営
する事業者(SPC等)への出資を募ったり、インテグレーター機能の提供などを
行うもの。
出資者へのリターンは売電収入で賄い、遊休地オーナーは発電事業者から土地の
賃貸料を得るスキームである。
                             以上

今後は太陽光発電で発電された電力をこのような方法で集めるシステムがどんどん
増えていくでしょう。
posted by 夏を乗り切る節電方法 at | 太陽光発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


<経済動向 !-- ///// アクセス解析挿入場所 /////
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。