太陽光発電の効率が倍に 倍に


太陽光の熱エネルギーを使い、太陽光発電に最適な波長の光を作り出す装置を
京都大の野田進教授らのグループが開発しました。
発電効率を従来の2倍以上に高められる成果です。

原理
 太陽光には、紫外線から赤外線まで幅広い波長の光が混じっている。
しかし,太陽光発電の半導体のパネルは、このうち波長1マイクロ・メートル弱の
光だけしか電気に変えることができない。
このことが発電効率が20%程度にとどまる要因になっている。
光の波長が太陽光発電に都合の良いものだっけにそろえば発電効率は大幅にあがる。

野田進教授らは、ある物質を熱すると、内部の電子が振動し光を発する現象を利用し
その電子の動きを制御できれば光の波長を揃えられると考えた。

実験
 ガリウムヒ素薄膜などを重ねあわせた半導体を作成。
太陽光で加熱すると2枚の薄膜の間に電子が閉じ込められて自由な運動が制限され、
薄膜の厚さに応じて一定の波長の光が形作られた。
ガリウムヒ素薄膜だと、全て光の波長が10マイクロ・メートルに揃った。
野田進教授らは、薄膜の厚みや材料を調整すれば半導体が発する光を
1マイクロ・メートル弱に整備できるとみている。

結果
 野田進教授は「太陽電池と、この技術を組み合わせることで、太陽光の40%〜70%を
電力変換できる。
パネルの面積も減り装置の軽量化にもつながる」と話している。

この技術が完成すれば、太陽光発電は一挙に普及するでしょう。











































































iiiiii
posted by 夏を乗り切る節電方法 at | 太陽光発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


<経済動向 !-- ///// アクセス解析挿入場所 /////
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。