HEMSで 見える化する


家庭で電気を「つくる」「蓄える」「賢く上手に使う」ために電気機器を
ネットワーク上で管理し、リアルタイムで利用状況を把握・コントロールするシステム。
発電量や電気使用量など、電気の利用状況をいつでもモニターで表示できるため、効率的な
電気の使い方や節電ポイントをチェックでき、無理なく省エネライフを実践できる。

HEMS「HEMS」とは、家庭の電気を効率的に「つくる(創エネ)」「ためる(蓄エネ)」
「つかう(家電)」「みせる(専用端末)」使うために各種電気機器をネットワークで
つなぎ、さまざまな利用状況を一元管理するシステム。
経済産業省の外郭団体の認定を受けたHEMS機器の導入には補助金制度が適用される
一般社団法人 環境共創イニシアチブ

タブレット型端末
創エネ機器による発電量、売電・買電状況、電気使用量、電気料金など、家中の電気の
使用状況をリアルタイムにグラフなどでわかりやすくモニター表示して「見える化」
できるHEMS専用タブレット。
過去の実績との比較閲覧や部屋ごとの電気使用状況も確認できるため、家族みんなの
節電や省エネ意識を高めることができる







posted by 夏を乗り切る節電方法 at | スマートハウス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


<経済動向 !-- ///// アクセス解析挿入場所 /////
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。