スマートハウスはどれだけ理解されているか


 今、自宅で電気を作りながら利用の最適化を図っていく、スマートハウスへの関心が
非常に高まっている。
住宅メーカー各社は工夫を凝らしたスマートハウスを競い、技術開発も盛んだ。
進化し続けるその魅力に迫ってみよう。

・進化するスマートハウスが描くこれからの快適な暮らし
 住宅メーカー各社のスマートハウス開発競争が熱を帯びている。
メーカー側では熱をおびていても、実際にスマートハウスに住んでいる人はまだ少なく、
住み心地など「生の声」を聞く機会は少ない。


スマートハウスがどんな家か、知っていますか?」
 メディア・ハウジング研究所が全国の主婦を対象に行ったインターネット調査で、
面白い結果が出た。
約8割が「全く知らない」「聞いたことはあるがよく知らない」という回答を
寄せている一方で、「建てるならどんな家が欲しい?」という質問に対し、
半数以上が「スマートハウス」と回答したのだ。

では、スマートハウスどこまで進化しているか。
 
そこで、スマートハウスの進化を5段階に分けてみた。
 第1段階が、震災以前から導入が進んでいた「省エネ住宅」。
第2段階として、太陽光発電や家庭用燃料電池が加わった。
第3段階が蓄電池である。
蓄電池導入の動きは震災を契機に、一気に加速した。
第4段階のHEMSも加わり、家庭内のエネルギー消費が「見える化」していった。

現在のスマートハウスは、この第4段階から、第5段階の家電制御の開発に移行する、
中間あたりに位置する。

 「すでに家電向け通信網『エコーネット・ライト』が、2012年2月に
国内スマートメーターとHEMSをつなぐ標準プロトコルとして認定され、将来的には
家電メーカーの枠を超えたマルチベンダ接続を行えるように、開発が進んでいる。

 HEMSはスマート家電やスマートフォンなど情報通信インフラの核になり、
加えて高齢者の見守りなど、さまざまなサービス機能のプラットフォームの
役割を果たすことも期待されている。






posted by 夏を乗り切る節電方法 at | スマートハウス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


<経済動向 !-- ///// アクセス解析挿入場所 /////
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。