太陽光発電のしくみ


今回は住宅用の太陽光発電システムの装置名とその働きを調べます。

住宅用の太陽光発電システムは、太陽の光エネルギーを受けて太陽電池が発電した
直流電力を、パワーコンディショナにより電力会社と同じ交流電力に変換し、家庭内の
さまざまな家電製品に電気を供給します。

一般の系統連系方式の太陽光発電システムでは、電力会社の配電線とつながっているので、
発電電力が消費電力を上回った場合は、電力会社へ逆に送電(逆潮流)して電気を
買い取ってもらうことができます。
反対に、曇りや雨の日など発電した電力では足りない時や夜間などは、従来通り
電力会社の電気を使います。
なお、こうした電気のやりとりは自動的に行われるので、日常の操作は一切不要です。
s-発電の仕組み.jpg


では太陽光発電システムで使われるキーワードの意味を調べましょう。
     
・太陽電池:太陽の光エネルギーを直接電気に変換する装置。

・接続箱:太陽電池からの直流配線を一本にまとめ、パワーコンディショナに送るための
     装置。  
・パワーコンディショナ:太陽電池で発電した直流電力を交流電力に変換するための装置。

・分電盤:家の配線に電気を分ける装置。

・電力量計:電力会社に売った電力や、購入した電力を計量するメーター。
   売電用と買電用の2つの電力量計が必要となります。

・系統連系:自家用発電設備を電力会社の配電線に接続して運用する方法。

・逆潮流:系統連系する太陽光発電などの自家用発電設備から、電力会社の配電線
    (商用系統)へ電力が流れること。





posted by 夏を乗り切る節電方法 at | 節電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


<経済動向 !-- ///// アクセス解析挿入場所 /////
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。