太陽電池とは


太陽電池のしくみ
太陽光発電システムの中心になっているのが、太陽電池です。
太陽電池は、太陽の光エネルギーを吸収して直接電気に変えるエネルギー変換器。
シリコンなどの半導体で作られており、この半導体に光が当たると、日射強度に
比例して発電します。
「電池」という名前がついていますが、電気をためる機能はありません。
ちなみに、太陽光発電は英語ではPhotovoltaic(PV)と呼ばれています。

太陽電池の原理
発電の仕組み.bmp



現在最も多く使われている太陽電池は、シリコン系太陽電池です。
この太陽電池では、電気的な性質の異なる2種類(p型、n型)の
半導体を重ね合わせた構造をしています。
太陽電池に太陽の光が当たると、電子(−)と正孔(+)が発生し、
正孔はp型半導体へ、電子はn型半導体側へ引き寄せられます。
このため、表面と裏面につけた電極に電球やモータのような負荷をつなぐと
電流が流れ出します。



変換効率とは何ですか?
変換効率とは、太陽電池に入射した光のエネルギーのうち電気エネルギーに変換した
割合です、


つまり、太陽電池モジュール1u当り、1kWの光エネルギーを何%電気エネルギーに
変換できるかを表します。

太陽電池の種類
太陽電池には、使われる素材や構造によっていろいろな種類があります。
開発中のものを含めると多岐にわたりますが、ここでは現在普及が進んでいるものを
中心に紹介しましょう。

■シリコン系
結晶系ー 単結晶、多結晶シリコン太陽電池
単結晶または多結晶のシリコン基板を使用したタイプで、発電効率が優れています。
現在、最もたくさん生産されているタイプの太陽電池です。

posted by 夏を乗り切る節電方法 at | 太陽光発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


<経済動向 !-- ///// アクセス解析挿入場所 /////
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。