太陽光発電に対する疑問


今回から太陽光発電に対する疑問に答えて行きましょう。
Q1.余った電気は売ることができるって本当?
A. はい、本当です。
昼間に電気を発電し、家庭で使って余った分を電力会社に売ることができます(売電)。
逆に、夜は発電することができないので、電力会社から電気を買って使います(買電)。
電気の売り買いは自動的に行われるので、面倒なことは何もありません。
売った分の電気代は契約者の口座に振り込まれます。「このお金が楽しみで、
節電に励んでいる」というユーザーの声もたくさん聞かれます。
※電気を売り買いするには、電力会社との契約が別途必要です。
s-発電電力量.jpg

Q2.曇りや雨の日は、電気が使えなくなるの。
A. いいえ、電気はいつでも使えます。
太陽が出ていれば発電しますが、曇るとあまり発電できなくなります。
そういった時は、不足分の電気を電力会社から買って使います。ですから、
曇っていても雨が降っていても、電気が使えなくなることはありません。
s-昼夜の電気.jpg

Q3.太陽光発電で、家庭で使う電気を全部まかなえる?
A. 4kWシステムなら、70%程度まかなえる計算です。
太陽電池容量 1kWシステム当たりの年間発電量は約1,000kWh(※1)。
一世帯当たりの年間総消費電力量は5,650kWh/年なので(※2)、
4kWシステムを設置すれば、70%程度を太陽光発電でまかなえる計算になります。


※1. 太陽電池を水平に対して30度傾け、真南に向けて設置した場合の計算例です。
地域や太陽電池の方位、傾斜角度により発電量が変わります。

※2. 太陽光発電協会試算(表示に関する業界自主ルール(平成22年度))






posted by 夏を乗り切る節電方法 at | 太陽光発電 Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


<経済動向 !-- ///// アクセス解析挿入場所 /////
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。