太陽光発電に対する疑問 2


太陽光発電に対する疑問に答えて行きましょう。

Q4.どんな機器を設置するの。屋根に載せても大丈夫?

A.太陽電池モジュールやパワーコンディショナなどの機器を設置します。
屋根に設置するのは太陽電池モジュールのみで、一般的な屋根であれば、設置できます。
屋根に架台を取り付け、その上に「太陽電池モジュール」を設置します。
太陽電池で発電した直流電力を交流電力に変換する「パワーコンディショナ」は、
屋内あるいは屋外の壁面に取り付けます
s-ソーラー発電しくみ.jpg

4kWシステムの場合、太陽電池モジュールの設置面積は約25〜40m2で、重さは架台などの
設置部材を含めて400〜550kg程度です。
ほとんどの場合、問題はありませんが、家によっては屋根の補強が必要であったり、
設置できない場合もありますので、各販売業者の営業窓口にてご相談下さい。


Q5.設置するのにいくらかかる?

A. 価格は、 各販売業者の営業窓口にお問い合わせください。
太陽光発電システムを設置するには、機器一式, 設置架台、電気・設置工事費等の
費用がかかります。
これらの費用は、設置条件(新築, 既築)やモジュールのタイプ(屋根置き型,屋根材型)、
あるいは屋根材の種類や形状、面積などによって異なりますので、各販売業者の
営業窓口にお問い合わせください。
なお、平成23年度の1kWあたりの平均価格は、約52万円でした。
(太陽光発電普及拡大センターホームページより)








posted by 夏を乗り切る節電方法 at | 太陽光発電 Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


<経済動向 !-- ///// アクセス解析挿入場所 /////
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。