ソーラーパネルの値段について


ソーラーパネルの値段は太陽電池に何が使われているかで、値段が違ってきます。
新エネルギー財団の調べではソーラーパネル(システム)の平均価格は、1kwあたり69.6万円ですが、
そのうち新築物件では57.1万円、既築住宅の設置では74.1万円となっていて、結構な単価差があります。
この差は、新築住宅の場合、仮設工事や基本電気配線工事などが住宅の坪単価に含まれているところから
生じるもので、もちろんソーラーパネル自体の価格差ではありません。

ソーラーパネルでもっとも採用されている太陽電池は多結晶シリコンと言われるので、
リサイクルシリコンなどを材料にして生成しているので値段も安く、ソーラーパネルの普及に
貢献した太陽電池です。
コストパフォーマンスの高い製品が多いので、幅広くおすすめできるソーラーパネルです。
システム価格は1kwあたり50万円台の前半でまとまるものからあります。

多結晶シリコン以前に使われていた単結晶シリコン太陽電池は、高純度なシリコンを材料とした
変換効率の高い太陽電池です。
値段は高くなるので、多結晶シリコンがソーラーパネルの主流となってから採用されることが少なかった
単結晶シリコンですが、最近では主力機種に採用しているメーカーが増えています。
このタイプのソーラーパネルの値段は1kwあたりで60万〜70万円となりますが、補助金の適用条件が
65万円までですから最終見積で65万円以下には調整されることになるでしょう。

同じ価格帯になりますが、薄膜単結晶シリコンとアモルファスシリコンのハイブリッド型の
太陽電池があります。
単結晶シリコンの変換効率の高さとアモルファスシリコンの温度特性の良さを併せ持つこの太陽電池は
HITとよばれています。
単結晶シリコンのソーラーパネルもそうですが、高い発電量が見込めるHITは屋根面積に余裕がない
住宅に採用するのにも向いています。

ほかにも太陽電池の種類はありますので、値段と特性を理解した上でソーラーパネルを選んでみてください。

posted by 夏を乗り切る節電方法 at | 太陽光発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


<経済動向 !-- ///// アクセス解析挿入場所 /////
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。