ソーラーパネルの耐用年数について


耐用年数とは、減価償却資産を適正に費用分配するために設定された年数のことで、その資産の実質的な寿命のことではありません。
ソーラーパネルの場合、省令上の耐用年数は9年となっていますので、ソーラー発電システムを償却資産として使用する方は覚えておきましょう。ただし、一般個人の方がソーラーパネルを償却資産として申請すると補助金との絡みがあるので難しいかも知れませんのであらかじめ税務署などに確認しておきましょう。

いわゆる製品の寿命としての年数については、色々言われていますが、ソーラーパネルの場合、普通に使用しているなら、20年は確実にもちます。また一般的な使用環境なら、20数年は使えるはずです。メーカーの保証期間は10年ですが、なかには、システムの保証期間は10年でも、モジュールの出力保証を25年間としているメーカーもあります。これはソーラーパネル世界最大のシェアを誇るサンテックパワー社の例ですが、同社のソーラーパネルの性能の高さもあると思いますが、もともとソーラーパネルが経年劣化に強いことを示しているとも言えるでしょう。

その他にも、製造から20年経過している中古ソーラーパネルが再販売されている例もありますので、ソーラーパネルの発電効率は意外にも低下しにくいと考えられます。
ソーラーパネルは省令上の耐用年数は10年を切りますが、実質的に使用できる期間はとても長い製品と言えるのではないでしょうか。

posted by 夏を乗り切る節電方法 at | 太陽光発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


<経済動向 !-- ///// アクセス解析挿入場所 /////
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。