ソーラーパネルと他の発電法との違い


ソーラーパネル発電は新しい発電方法として世界中で様々な開発が続けられています。
代表的な研究課題には、太陽エネルギー、または太陽エネルギーで発電した電力の
備蓄に関するもので、この課題をブレイクスルーできれば天候や時間に左右されず、
太陽光発電を主力発電方法とすることができるからです。

このことからも分かる通り、ソーラーパネル発電は従来型の発電方法と比較して、
日中太陽が照っている時間帯にしか発電することができず、日中においても発電量が
天候に左右されるという面がデメリットになります。
その他の火力発電や原子力発電は、時間帯や天候に左右されることがありませんので、
安定的に電力が供給できますので、この差をどうやってなくしていくかが
大きな課題となっているのです。

それ以外では、ソーラーパネル、太陽光発電は従来型の発電方法のデメリットを
カバーしてくれる優秀な発電方法と言えます。

まず発電源となるエネルギーですが、太陽光、太陽エネルギーは、ほぼ無尽蔵に存在します。
化石燃料やウランなどの資源は埋蔵量に限度があり、今後数十年のうちに枯渇することが
予測されています。
また産出国の多くが国勢の不安定な国々であり、枯渇以前に、供給が不安定な状態に
陥りやすい面も心配されます。
太陽エネルギーはどの国にも等しく降り注ぎます。エネルギー調達という点で
ソーラー発電ほど有利な発電方法はないでしょう。

また地球温暖化の原因となる、CO2の排出もソーラーパネルの発電過程では発生しません。
原子力発電もクリーンエネルギーですが、自然や人体にとってきわめて危険な放射能の
漏出やプルトニウムの処分に大きな問題を残しています。

太陽光発電もまだまだ問題点がありますが、近年では太陽光発電のパワープラントの
稼働も進んでおり、新しい発電方法としての大きな期待が寄せられています。
posted by 夏を乗り切る節電方法 at | 太陽光発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


<経済動向 !-- ///// アクセス解析挿入場所 /////
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。