エコキュートとソーラパネルとの違い


エコキュートは給湯器ですから、電力をつくるソーラーパネルとはそもそも機器のジャンルとしても
別物です。
ただし、どちらも自然界に存在しているエネルギーを使ってお湯をつくったり、電気をつくるという点では
似ています。

エコキュート以前の省エネ給湯器としては電気温水器がありますが、電気温水器は夜間の電力を使って
電気ヒーターでお湯をつくりますので、自然エネルギーを使っている訳ではありません。
これに対してエコキュートは大気中の僭熱をヒートポンプユニットに取り込んで、その熱をCO2に伝えて、
おもに膨張させることで高温の冷媒(熱媒)をつくり、水を温めます。
この冷媒を膨張させる課程などで少量の電気を使うものの、水をお湯に温める大元の熱源は、
大気中から取り込んだ熱です。エコキュートのお湯が自然エネルギーから生成されたものであることが、
この流れから理解できるでしょう。
そして大気中の熱(温もり)は太陽光のなかでも赤外線によってもたらされています。

ソーラーパネルは太陽光が照射されると、結晶シリコンのなかで原子移動がおき、プラス極とマイナス極が
形成されて、天然の電池に早変わりします。
そしてこの太陽電池に配線して負荷に接続すると電気が通るわけです。
ソーラーパネルでつくられた電気は直流なので、宅内で使うには交流電気に変換する必要があり、
パワーコンディショナーという機器がそれを行ないますが、ソーラーパネルが電池化する過程は
太陽エネルギーだけで完結します。そしてソーラーパネルが太陽電池化するのに必要なのが
太陽光の中でも可視光線と言われるものです。

同じ自然エネルギー(太陽エネルギー)が使われているエコキュートとソーラーパネルですが、
エコキュートは赤外線、ソーラーパネルは可視光線がエネルギー源となっているということが
両者の違いになるでしょう。

posted by 夏を乗り切る節電方法 at | 太陽光発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


<経済動向 !-- ///// アクセス解析挿入場所 /////
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。