太陽光発電をより効率的に運用(省エネ)


太陽光発電を考えるのなら、より効率的に運用したいものです。
そのためには、省エネ、創エネ、蓄エネ、HEMSが欠かせません。
今回はその中で省エネを見て行きましょう。

T)省エネ 断熱・機密性能を高めることで室内温度を年中快適に保ち、エアコンの使用頻度を低減。
高効率給湯器」やLED照明の導入により無駄なエネルギー消費を抑制。
自然の光と風を取り込む間取り・デザイン設計による、光熱費を抑え
環境に配慮した家づくりなど、最新の技術や設備を導入することで省エネ効率の高い
家づくりを実現します。

1)断熱
 夏は屋外の熱気が室内に伝わるのを防ぎ、冬は室内の温もりを屋外に逃がさない
断熱構造。
遮熱性・断熱性の高いLow-E複層ガラスや、熱伝導率が低く結露しにくい樹脂サッシ
などを併用すると、さらに効果的

2)機密
 躯体の隙間などから熱が逃げるのを防ぎ、高い気密性を保持するために使われる、
気密シートや気密パッキン材。
断熱材と併用して施工することで、より優れた気密性を確保できる。
窓に複合サッシを導入するのも効果的

3)高効率給湯器
 優れたエネルギー効率により、経済性と環境配慮を両立する給湯システム。
電気を利用するエコキュート、ガスを利用するエコジョーズ、エコウィルなどがある。
導入時に補助金制度を設けている自治体もある

4)LED照明
 LED照明白熱電球比で消費電力は1/5程度、寿命は約20〜40倍。
経済性と環境面から新時代の光源として注目。
経済産業省と環境省によるメーカー・販売店への普及促進もあり、供給は加速傾向。
今後は低価格化が期待できる

5)高断熱浴槽 断熱性の高い保温材でバスタブを二重三重に包み込んでいるため、一度ためたお湯が
 長時間冷めにくいのが特長。
家族の入浴時間がバラバラでも、追い焚きや足し湯の回数を減らすことができるため、
光熱費の節約が可能

6)パッシブゼザイン
 日差しや自然の風を家の中に取り込むための間取り・デザイン設計、開口部の設置、
樹木の配置などにより、エアコンの使用頻度や照明の点灯時間を抑え、人と環境に
やさしく、年中快適に暮らせる家づくりを実現する





posted by 夏を乗り切る節電方法 at | スマートハウス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

蓄エネ(エネルギーを蓄える)


蓄エネ  太陽光発電を考えるのなら、より効率的に運用したいものです。
そのためには、省エネ、創エネ、蓄エネ、HEMSが欠かせません。
今回はその中で蓄エネを見て行きましょう。


V)蓄エネ
 平常時は家庭等発電システムと併用したり、割安な深夜電力を蓄電し、電気代の高い
日中に消費するという活用法もあります。
停電時は非常電源として利用可能です。
現在、自動車メーカは家庭で充電できる電気自動車の開発、販売に力を入れています。
CO2を排出しないので環境にやさしく、非常時には蓄電池としても機能します。
今後の更なる普及が見込まれます。

1)家庭用蓄電池
 災害時などの非常用電源として注目されている家庭用蓄電池。
普段は太陽光発電システムや燃料電池システムと組み合わせて、日中に余った電気を
蓄電池にためて夜間や悪天候時に利用したり、需要の多い時間帯に電力会社から
購入する電気と併用することで、家庭での使用量を抑え、節電にも貢献できる

2)電気自動車(EV・PHV)
 バッテリーに充電された電気を使って走行する電気自動車(EV、PHV※)は、
その蓄電機能を活かし「非常時の蓄電池」としても利用可能。
家庭で充電できる手軽さと深夜電力を活用できる経済性が注目ポイント。
公的補助金や税の優遇制度の対象にもなっている


posted by 夏を乗り切る節電方法 at | スマートハウス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

創エネ(エネルギーを創る)


 太陽光発電を考えるのなら、より効率的に運用したいものです。
そのためには、省エネ、創エネ、蓄エネ、HEMSが欠かせません。
今回はその中で創エネを見て行きましょう。

U)創エネ 自然エネルギーを利用し、CO2を排出せず、環境負荷が低い特性を持つ、
太陽光発電システム。
補助金制度の適用と非常時対応意識の高まりから注目度が大です。
ほかにガスを利用して発電・給湯する燃料電池システムなどがあります。
創エネシステムの導入は、万一の停電時の電力供給や光熱費削減などを目的として、
今後も普及は拡大傾向にあります。

1)太陽光発電
 クリーンで再生可能な太陽エネルギーで発電する太陽光発電は、太陽電池パネルの
設置枚数、設置向き、日照時間、天候により発電量が異なる。
発電した電気は家庭で使うだけでなく、余った電気を電力会社が買い取る
「余剰電力買取制度」を活用することで、家計の足しに。
設置には国や地方自治体の補助金制度などの支援もある

2)家庭燃料電池
 都市ガスやLPガスなどから水素を取り出し、空気中の酸素と化学反応させて発電する
家庭用の燃料電池システム、発電時に発生する熱と水を給湯や暖房にも利用できるので、
エネルギー利用効率が高く、CO2排出量の削減とともに、
光熱費の大幅な削減も期待できます。
posted by 夏を乗り切る節電方法 at | スマートハウス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

太陽光発電をより効率的に運用(省エネ)


 太陽光発電を考えるのなら、より効率的に運用したいものです。
そのためには、省エネ、創エネ、蓄エネ、HEMSが欠かせません。
今回はその中で省エネを見て行きましょう。

T)省エネ 
断熱・機密性能を高めることで室内温度を年中快適に保ち、エアコンの使用頻度を低減。
高効率給湯器」やLED照明の導入により無駄なエネルギー消費を抑制。
自然の光と風を取り込む間取り・デザイン設計による、光熱費を抑え
環境に配慮した家づくりなど、最新の技術や設備を導入することで省エネ効率の高い
家づくりを実現します。

1)断熱
 夏は屋外の熱気が室内に伝わるのを防ぎ、冬は室内の温もりを屋外に逃がさない
断熱構造。
遮熱性・断熱性の高いLow-E複層ガラスや、熱伝導率が低く結露しにくい樹脂サッシ
などを併用すると、さらに効果的

2)機密
 躯体の隙間などから熱が逃げるのを防ぎ、高い気密性を保持するために使われる、
気密シートや気密パッキン材。
断熱材と併用して施工することで、より優れた気密性を確保できる。
窓に複合サッシを導入するのも効果的

3)高効率給湯器
 優れたエネルギー効率により、経済性と環境配慮を両立する給湯システム。
電気を利用するエコキュート、ガスを利用するエコジョーズ、エコウィルなどがある。
導入時に補助金制度を設けている自治体もある

4)LED照明
 LED照明白熱電球比で消費電力は1/5程度、寿命は約20〜40倍。
経済性と環境面から新時代の光源として注目。
経済産業省と環境省によるメーカー・販売店への普及促進もあり、供給は加速傾向。
今後は低価格化が期待できる

5)高断熱浴槽 断熱性の高い保温材でバスタブを二重三重に包み込んでいるため、一度ためたお湯が
 長時間冷めにくいのが特長。
家族の入浴時間がバラバラでも、追い焚きや足し湯の回数を減らすことができるため、
光熱費の節約が可能

6)パッシブゼザイン
 日差しや自然の風を家の中に取り込むための間取り・デザイン設計、開口部の設置、
樹木の配置などにより、エアコンの使用頻度や照明の点灯時間を抑え、人と環境に
やさしく、年中快適に暮らせる家づくりを実現する





posted by 夏を乗り切る節電方法 at | スマートハウス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スマートハウスの魅力



 スマートハウスに住むと、家庭のエネルギー利用はどのように変わるのか。
日中は太陽光発電で創った電気を優先的に使い、余った電気は、電力会社に
売ることができる。
売電価格は42円/kwhと、電力会社からの購入料金よりも高い設定です。
蓄電池に、電気代が割安になる深夜、電力を蓄えて日中利用すれば、電気代を抑え
売電量も増やすことが可能です。節電による光熱費の圧縮と売電収入で家計に
優しくなります。
消費電力の一部を再生可能エネルギーに置き換えることで、環境負荷を軽減し、
ピーク時の売電を控え、電力需要が跳ね上がるのを抑制するピークカット効果も
あります。

スマートハウスへの期待
 国は、「低炭素社会に向けた住まいと住まい方の推進に関する工程表」で、
2030年までに新築住宅に関し、平均でゼロ・エネルギー化(石油、石炭、天然ガス
など1次エネルギーの年間消費量が正味またはおおむねゼロ)を実現する目標を
揚げている。
「都市の低炭素化の促進に関する法律」も成立し、低炭素住宅と認定されれば、
所得税等の優遇措置が受けられる。
スマートハウスの普及はいまや時代の流れです。
国は地域でエネルギーを融通するスマートシティ構想の推進にも力を入れています。
各地で実証実験が行われており、その一翼を担うスマートハウスの可能性に期待が
寄せられています。
posted by 夏を乗り切る節電方法 at | スマートハウス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スマートハウスって 何?


スマートハウスとは
スマートハウスって言葉、聞いたことありますか。
 現在電力エネルギー問題に大変関心が集まっていますが
それに関連した言葉なんです。
スマートハウスとは、省エネは勿論、エネルギーを創り、蓄え、更にその創った
エネルギーを見える形で管理して、エネルギーの節約を図るスマートな(賢い)家です。
とかく無駄が多いといわれる家庭のエネルギーを最適化し、非常時には自前で
エネルギーを確保する。
そんな思いに答えてくれる家なのです。

スマートハウス
 スマートハウスは、太陽光発電等でエネルギーを生み出す[創エネ」と、蓄電池等の
「蓄エネ」の機能を備え、IT(情報技術)を活用して、エネルギーを効率的に運営する
住宅です。

スマートハウスの頭脳を担うのが、家庭用エネルギー管理システム「HEMS」
(ヘムス)」です。
家中の家電製品や照明、太陽光発電、蓄電池などをネットワーク化してデータを
集中管理します。
住宅内のエネルギー消費量や、太陽光発電による発電量などをモニター画面に
リアルタイムで表示することで、住む人の意識を高め、省エネを後押しします。

電気自動車とスマートハウスが連携すれば、住まいの蓄電能力はさらにアップします。
電気自動車に蓄えた電気を家庭に放電できる機能を持った電気自動車の販売も
始まりま





posted by 夏を乗り切る節電方法 at | スマートハウス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


<経済動向 !-- ///// アクセス解析挿入場所 /////
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。