ソーラーパネルの寿命はどれくらい



ソーラーパネルの寿命は、各メーカーが発表しているところでは20年以上となっています。
また、20年前に製造されたソーラーパネルをリユースしている業者もあり、
リユースパネルの発電性能は平均で、製造時の90%を維持出来ており、
最も性能劣化したセルでも80%の範囲内でとどまっているようです。
これであれば十分リユースして使用できるレベルであり、中古品としては異例の
1年保証もつけて販売されているのです。

こうした事実からもソーラーパネルがいかに長寿命な工業製品だということが
分かりますが、メーカーの発表している期待寿命20年以上というのは、十分信頼できる
数値だと考えて良いのではないでしょうか。

ただし太陽光発電システムは、ソーラーパネルだけで構成されているわけではありません。
なかでもソーラーパネルでつくられた直流電気を交流電気に変換する
パワーコンディショナーは、システムのなかで非常に重要な機器です。
このパワーコンディショナーの寿命は10年〜15年と言われていますのでこの機器の
メンテ費用、もしくは入れ替え費用(30万円〜40万円)はある程度の時期に確保しておく
必要があるでしょう。
また売電メーターも故障している、していないに関わらず、10年ごとに交換する
必要があります。
標準的なアナログメーターなら1万円程度で購入できますが、デジタルメーターは10万円
前後になりますのでデジタルメーターユーザーは、少し心して準備しておかなければ
ならないでしょう。

逆に言えば、パワーコンディショナーとメーターの交換さえ準備出来ていれば、
ソーラーシステム自体の寿命は長く、維持管理に手間がかからない発電システムと
言えるでしょう。

posted by 夏を乗り切る節電方法 at | 太陽光発電 Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


<経済動向 !-- ///// アクセス解析挿入場所 /////
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。